[Samba] ADに対応したSamba 4.0 を Ubuntu 12.10 にインストールしてみた

Active Directoryに対応したSamba4がリリースされたという事で、早速テストしてみようと思いインストールしました。

参考:http://d.hatena.ne.jp/rti7743/20110425/1303688263
参考2:http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20121212/443604/

依存関係とか調べてないのでよくわかりませんが、./configure走らせた時にpythonのヘッダーファイルが必要だと怒られたので、
python-devをインストールしておきます。
また、Active Directoryを利用するために設定ファイルを生成する際、「ACL付きでコンパイルしやがれ!」って怒られたのでlibacl1-devもインストールします。

$ sudo apitude install python-dev libacl1-dev

ちなみにconfigureのログはsamba-4.0.0/bin/config.logに吐き出されているようです。

Samba3.xとはコンパイル方法が変更され、wafというツールを呼び出しているようです。わふ?

$ cd samba-4.0.0
$ ./configure configure --prefix=/usr/local/samba4 --with-configdir=/etc/samba4 --with-privatedir=/etc/samba4
$ make
$ sudo make install

./configureをオプション無しで実行する場合は単に./configureとすれば良いのですが、引数をすべてwafに渡す関係上、オプションを指定する場合は./configure configure [Options]とする必要があるらしいです。

Active Directoryセットアップ編へ続きます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です